アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
帽子

ファッションの中でもスタイリストは、その状況で一番適したコーディネートをしていくため、専門学校だけで全てを学ぶことが出来るわけではないです。
そのため、基本的なことを学び、実際に現場で経験を積むことになるケースが多いです。
ファッションの基本的なことを学ぶことが出来て、実際に職場をイメージした授業をすることも可能なため、技術も最低限覚えることが出来ます。
専門的に学ぶことにより、短期でファッション関係の仕事に就くことが出来るようなシラバスが組まれています。

スタイリストになる
ファッション雑誌などのオシャレなコーディネートを見て、素敵だなあと思う人は多いのではないでしょうか。
雑誌のスタイリングは、スタイリストというファッションのプロがコーディネートしています。
そんな仕事に就くには、ファッションの専門学校で専門的な知識を勉強することが必要です。
最近は大学や短大でも被服科などの専門分野を設けているところが多いですが、大学などは一般過程などの授業も多く、実技的な授業が不足していると言われています。

必要な勉強
洋服のコーディネートといっても、スタイリストが好きなように服を組み合わせているわけではありません。
どのようなイメージのスタイリングにするかを考えるには、洋服に対する多くの情報や歴史を知っておく必要があります。
ショップで自分の服を選ぶように好きな服を組み合わせるのとは違うのです。
また、ブランドやモデル、シチュエーションなどによって見せ方を変える、というセンスも問われます。
知識やセンスなど総合的なスキルが必要な仕事といえます。

専門学校の授業
また、スカーとの丈を短くしたり、大きすぎるシルエットを少しすっきりさせたりなど、コーディネートしながら現場での手直しが必要な時もあります。
専門学校だと縫製の授業も多いので、よりイメージに近いコーディネートにすることもできます。
専門学校では、雑誌などのページを使ってコンセプトのイメージマップを作成したり、ヨーロッパなどのファッションの歴史の授業もあり、幅広い知識を身につけられます。
専門学校でスタイリストコースを設けているところも多いので、興味のある方にはおすすめです。

ファッションモデル

例えばスタイリストとして仕事をするには、一般的にスタイリストアシスタントを経験することになります。
スタイリストアシスタントとして働くためには、やはりファッション関連の専門学校をすること・事務所に所属することが必要になります。
またフリーで仕事をしているスタイリストの専属アシスタントになるという方法もあります。
専門学校を卒業していなくてもスタイリストとして働くことは可能ですが、やはり基本的なことを身につけ即戦力となるためには卒業していることは有利になります。

専門学校について
通常専門学校ではいくつかの専門課程があり、希望する科を専攻します。
そこで基本的な知識や技術について学び習得します。
また資格取得や就職サポートも充実しているのが特徴的です。
学校によっては通学が困難な遠方の生徒を対象に寮を用意していたり、奨学金制度があったり社会人のために夜間の通学があるところもあります。
ほとんどの学校で体験入学・見学・資料を用意していますので、ファッション関連の仕事に就きたいと思ったらいろいろと情報収集することです。

専門的に学ぶ
専門学校では、スタイリストに必要な知識を学ぶことが出来るようになっていまして、さらに自分の好きな分野に専攻することも可能です。
専門学校では、ファッション関係の仕事で現場で働かれていた人から直接指導してもらうことが出来る環境が整っています。
専門的に学ぶことによって、ファッションのことを知り、その知識を活かした仕事に就きやすくなります。
様々な分野に合わせて学ぶことが出来るため、自分の学びたいことを専門的に学ぶことが出来る環境があります。

ファッションの仕事
ファッションは男女問わず多くの人がそれぞれ自分に合わせていますが、必ずしも全て自分で行うとは限らないです。
映像や写真を撮影するときには、私服を着るのではなく、決められた衣装を着ることになりますが、これらを決めるのはスタイリストです。
ファッション関係の仕事として、仕事の現場で確かめながらその人や撮影の場面に合わせてコーディネートします。
スタイリストには資格があり、それらを学ぶことが出来る専門学校も様々な地域にあります。